月1回の投稿が定着して

今の仕事は、以前からやりたかった仕事なのだけど、7月からは勤務日数を変えて、絵を描く体制を確保できれば・・とか、次の収入源となるような目標の行動もとれればと思っていました。で、7月からは週4日勤務にしていただけました。

以前のように個人で請けている仕事もまたできるようにしようなんていう気持ちでいたのですが。

1日増えた勤務しない日も、いつのまにか、というか当然のように仮眠の時間となっています。

あーあ、もう体力ないのかしらんと思う・・。

 

ブログを書くのも月末間際に慌ててやっている感が否めません(苦笑)。

これ、小学生の頃の夏休みの宿題を思い出します。7月中はけっこう頑張って続けていたんですが、8月になるとダレてきて、もうすぐ夏休みが終わる頃に慌てるという、私はそんなタイプでしたね。

このブログもやり始めの1週間程度はマメに書いていたのですが(それだけかいっ!)、いつのまにか書かなくなり、今は月末頃に思い出したように投稿してます。

 

でもさ、勇気を出して始めたんだから、試行錯誤で続けていきたいですよね。

あと、、作品はぜんぜん、増えていません(泣)。

 

それでは、またです。

ダイエットになったこと?

週5日の勤務なんですが、仕事や通勤時間も含め、だいぶ動いているようです。

勤務し始めた3月から体重が7kgほど減って、良いダイエットになりましたね。

(^_^;)

 

これね、3月まではほぼステイホームでテレワークとかで。。1日に500歩も歩いていなかったりしてね。だから、通常の体重より3kg程度増えていました。今の仕事では1日に1万3,000歩以上になるので、体重減になったのだと思います。

 

で、帰宅するとだいたい仮眠して、その後、家事や食事をして、また寝るというパターンが定着してきており、土曜日は洗濯と掃除が主、日曜日にやりたいことをしようと思って少しだけ済ませ、あとは仮眠。で、サザエさん の時間になるという。

帰宅してから絵を描く時間がほぼ仮眠になっているので、来月から生活パターンを変えようと思っています。

 

近況報告でした。

また、書いていきます。

(^o^)

 

一年続けてみて25記事程度という。。。

2020年5月23日からこのブログを始めました。今日で1年です。

で、投稿した記事を数えると、この記事も含めて25件程度。。

あれれ、もっと書くはずだったんだけど。

そして作品もどんどん投稿して、なんて思っていて。

初心はどうなってしまったんでしょうか(苦笑)。

 

仕事から帰ってから寝るまでで、描ける時間は今のところ20分ぐらい。

用事があって描けない日もあるから、だいぶ少ないですね。

これ、もっと増やせるはずですよね。

(^_^;)

 

あとね、時間はあるんだけど疲れと眠気で集中できないとかね。

こうなると休むしかなくなるわけです。

 

それからね、自分は絵を描いていく「絵描きになる」という気持ちも薄れているところがあるけど、「なる」じゃなくて、「だ」にしていこう。

 

実際は、決めて叶わなかったら嫌だしというわけで、ふらふらと迷いの世界を流転しています。

でもね、続けますよ。ゆっくりペースでもいいから、続けます。

 

それでは、またです。

(^o^)

 

思いはいつも「今」の中にあれば

気がつくと、今の時間を将来の心配のために使っていることがほとんどです。

心はいつも「今」にいない・・。

わかっていても、ついつい考えちゃいますね。

将来を良くしたい、今の状況を何とかしたい、だからそういう情報ばかりを拾い、今をあんまり楽しんでいないのですね。こういうことを常にやっていて、この状況をどうにかしようといつまでも考えているんです。

 

で、具体的な行動を起こしているかというと、これまた、迷ってなかなか踏み出せなかったり、目の前の用事をこなすので精一杯だったり・・。

 

人というのは今の状況を良くしよう、何とかしようという考えが浮かぶようになっているとか、そんな話も聞いたこともあります。

 

あとは、過去にやったことの後悔をしていたり、今に集中していることって1日の中でどれぐらいあるのかなぁって思います。

 

仕事をしているときは将来の心配は薄れますね。良い仕事に恵まれたと思っています。毎日、学びや気付きが多いですね。

 

そして、集中できるのは絵を描いているときで、一筋の道が拓けていくというか。この状況を何とかしなければと思っても、描くという道があれば、途中で迷ったとしても自分にはこれがあったなと、それを頼りに進んでいけるように思っています。

 

それでは、またです。

(^o^)

生活パターンが朝型に?

新しい仕事も徐々にペースが掴めてきたように思いますが、帰宅して仮眠しようとしたら4時間以上寝てしまったとか、慣れない上に体力的にも消耗しているようです。家事も一応やっているから、時間の配分も考えないと・・。


朝は5時半頃に起き、支度をして6時50分には家を出るという。そのぐらいの時間には余裕で活動している方も多いと思いますが、以前の私にとっては考えられない生活です。

昨年までは家で仕事していることが多く、徹夜して翌日の昼頃に寝たり、夜中の4時頃に食事をしたり(これ、夕食のつもり)なんてこともよくありましたから、極めて不規則な生活を送っていたわけです。


もともと夜型でしたから、早朝から活動するパターンは新鮮ではあります。でも、夜中に絵を描いたり、PCに向かっているという状況は魅力的ですね。このパターンが合っているというか。

好きな時間に起きて仕事をし、寝たい時間に眠るという生活には憧れますねぇ。

 

今はまだ、生活のリズムが掴めていませんが、ようやくブログは書けるようになった感じです。

 

また、近況を書いていきたいと思います。

(^o^)

ハローワーク紹介の結果、パート決まった話

前回、2月10日の投稿から、だいぶ空いてしまいました。

 

ハローワークで3件のパート先を紹介されてから、そのうちの1件で採用を決めていただきました。

 

これまでの仕事とはまったく異なる福祉関連の仕事で、不慣れなことの連続です。

この歳になって1から始めるのもなかなか大変ですが、毎日のように新たな発見がありますね。

今は、覚えることがあまりに多く、絵を描く時間が遠のきましたが、何とか作っていきたいと思います。

思えば、20代、30代の頃は、仕事もして、絵は家で描き、他にも趣味なんかもやっていたけど、ほんとに体力があったなぁと思います。また、当時のパターンを再現することになりそうです。

 

仕事が激減し、収入が減ってしまったことで、さまざまな場面で助けていただきました。ありがたさが身にしみます。助けてくれた友人には心から感謝します。

 

また、近況報告します。

(^o^)

 

59歳で初めてハローワークに行った話

59歳にして初めてハローワークに行ってきました。たまたま、今までに行ったことがなかったのです。

まずハローワークのサイトで仕事検索するのですが、職種のほかにも募集内容に記載されている年齢制限や資格・経験の有無などで、けっこう絞られてしまいます。

条件に合う募集を見つけたら、ハローワークの受付に行って相談。いろいろとアドバイスをいただき紹介状が発行されて、その紹介状を応募した会社に直接持っていき面接を受けるか、履歴書などと一緒に紹介状を郵送した後に面接に行くという流れがあるようです。

パート志望でしたが、1件目は履歴書不要のところで面接当日にエントリーシートに記入するというような形式でした。学歴の年月とか職歴についてまとめたメモを持って行ったので、それをもとに記入することはできましたが、自己ピーアールは迷いました。それに、久しぶりの面接は緊張しましたね。

採用ならば翌日に通知すると聞きましたが、特に連絡がなかったので駄目だったようです。

まだ1件目だし、とにかく進んで行くしかないということで、現在、あと2件の面接予定があります。まずは生きていくためには稼がないとね。

で、軽作業や事務系の派遣会社にも登録してきました。まだ仕事の依頼はありませんが、ハロワ通いと面接の日程をぬいながら、仕事の問い合わせをしていきたいと思います。

 

クラウドソーシングサイトにも登録して応募していますが、なかなか受注に繋がっていません。

(^_^;)

私の応募した仕事は、以前からやっている議事録作成、音声起こしの案件で入力系が主ですが、ほとんどが競争率が高く、受注するのはだいぶ時間がかかりそうということで、今は小休止しています。また折を見て挑戦したいと思います。

クラウドソーシングの入力系作業は本業がある方が副業でやられている方も多く、子育て中でも在宅で働きたいという方にも良いのかもしれません。

プログラミングができるとかデザインや動画関連などの技術があったり、ある分野に特化したライターさんなどは専門性も高いから競争率も少ないと思うし、金額面でも何とかいけるのではないかと思います。

ただ、少し怪しい案件もあるので、その点はよく見極めて注意したほうがいいかなと感じました。

 

ところで、ハローワークの担当の方から聞いた話では、
「60歳以上の方を雇用した際、国からの助成金もあるんですよ」
とのことでした。

あとで厚生労働省のホームページを見ると「特定求職者雇用開発助成金」という制度があって、これのことかなと思います(この記事を書いている2021年2月時点)。

 

その話を聞いて、
「それなら、59歳というのはなんか半端な年齢ですね。若い人の応募があれば、その人のほうが優先されるでしょうし」
と、私が言うと、

「そんなことはないです。働く意欲があって、今までの経験などもしっかりアピールできれば、若い人よりも採用される可能性がありますよ」
と励まされ、今に至っています。

 

ハロワの帰り、冬の澄んだ空気の中、樹木に夕日が映える美しい風景を見ることができました。これは描いてみたいなと思いながら、帰路についたのです。

 

まだまだ、これからやりたいことはたくさんあるし、とにかくこの世界を楽しんでいきたい。

 

これが今の等身大の私なんだと思います。